オンラインカジノの依存症を治そう

オンラインカジノの魅力に魅せられてどんどんお金をつぎ込んでしまい、現在借金を抱えていると言う人も多いかもしれません。

このような場合にはギャンブル依存症に陥っている可能性もあります。一度オンラインカジノにハマるとなかなか解消する事は難しいものの、自分の気持ちを強く持つことが何よりも重要と言えるでしょう。

その一つに挙げられることが、自己規制をしてプレイをすることです。

現在依存症がまだ軽症なのであれば、自己規制をすることで対処できる可能性も考えられます。基本的にはオンラインカジノはギャンブル依存症対策の一つとして、自己規制ができる設定が用意されているのが実情です。

自己規制プログラムとは、自分自身で制限が設定できるものです。

例えば決めた日数の間で最高何ドルまでしか入金することができない入金制限や、一度のログインで継続してプレイできる時間を制限するなどが挙げられます。

時間が来ると次にログインするまではプレイができなくなるため、長時間のプレイを防ぐことにもつながります。1つのゲームで最大何分プレイするのかの設定も可能です。

設定時間になれば継続するのか中断するのかを選択することができるため、長時間のプレイを制約することができるでしょう。

さらには24時間や7日間、1ヵ月、3ヶ月と言うように、ログイン規制も可能です。物理的にプレイできる日数を制限できるものであり、このような自己規制システムを活用することによって、オンラインカジノに打ち込むことをある程度制限した上で、依存症の進行を抑制することができます。

このような規制プログラムを使用することも大切ですが、それでも無理だと言う場合には、精神科専門外来等で治療を受けることが望ましいです。重度の依存症になった場合には、自己規制を行ったとしても自分でそれを解除してプレイを継続することにもなります。

専門やカウンセラー等の助けを借りれば、オンラインカジノのない当たり前の日常を取り戻すことができるでしょう。

現在依存症に陥っている人は想像している以上に多いため、治療法もたくさん確立されています。

積極的に第三者のサポートを活用することが求められます。